メニュー閉じる

おおくらながつね【大蔵永常】

(1768〜?)江戸(えど時代後期の農学者。豊後(ぶんご国(大分(おおいた県)の人。1796年大阪(おおさかに上り,以後諸国(いごしょこくを旅して,その見聞にもとづいて多くの農書をあらわした。農業技術(ぎじゅつ改良(かいりょうや商品作物の研究にも力をつくし,田原藩(たわらはん愛知(あいち県)や浜松藩(はままつはん静岡(しずおか県)などの行政(ぎょうせいにも参画(さんかくした。著書(ちょしょに『農具便利論(のうぐべんりろん』『広益国産考(こうえきこくさんこう』などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP