メニュー閉じる

おおしこうちのみつね【凡河内躬恒】

(9〜10世紀(せいきごろ)平安時代前期の歌人。紀貫之(きのつらゆきらと『古今和歌集(こきんわかしゅう』を撰進(せんしん三十六歌仙(さんじゅうろっかせんの1人。才気にとみ,叙景(じょけい歌にすぐれた。家集(いえのしゅう個人(こじんの歌集)に『躬恒集(みつねしゅう』がある。◇「風(けば落つるもみ(葉水きよみ (らぬかげさへ底(えそこにみえつつ」

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP