メニュー閉じる

おおしまなぎさ【大島渚】

(1932〜2013)昭和・平成(へいせい時代の映画監督(えいがかんとく京都(きょうと市生まれ。1954(昭和29)年に京都(きょうと大学卒業(そつぎょう後,松竹大船撮影(しょうちくおおふなさつえい所に入社。59年,『(あい希望(きぼう(まち』の脚本(きゃくほん監督(かんとくでデビュー。60年の『青春残酷物語(せいしゅんざんこくものがたり』で注目をあび,(せい(あい暴力的表現(ぼうりょくてきひょうげんや社会(せいから,吉田喜重(よしだよししげ篠田正浩(しのだまさひろたちとともに「松竹(しょうちくヌーベルバーグ」の旗手(きしゅとよばれた。同60年公開の『日本(にほん(よる(きり』の上映(じょうえい中止問題で松竹(しょうちく退社(たいしゃ以後(いご独立(どくりつプロダクション,フリーランスで活躍(かつやくした。76年の『(あいのコリーダ』の過激(かげき性表現(せいひょうげんは世界でも話題になり,78年の『(あい亡霊(ぼうれい』でカンヌ国際映画(こくさいえいが監督賞受賞(かんとくしょうじゅしょう。83年の『戦場(せんじょうのメリークリスマス』も注目された。80年代以降(いこうはテレビの討論(とうろん番組にも出演(しゅつえんし,歯にきぬきせぬ激論(げきろんで話題をよんだ。1996(平成(へいせい8)年,(のう出血で(たおれ,長くリハビリ・療養(りょうよう(つづけていた。99年,病をおして監督(かんとくした『御法度(ごはっと』が遺作(いさくとなった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP