メニュー閉じる

おおすみ【大隅(国)】

鹿児島(かごしま県の大隅(おおすみ半島を主とする地域(ちいきおよび薩南諸島(さつなんしょとうをふくむ(きゅう国名。西海道の1国。国府(こくふ国分寺(こくぶんじは今の霧島(きりしま市におかれた。略称(りゃくしょう隅州(ぐうしゅう」。古くは熊襲(くまそ隼人(はやと根拠(こんきょ地であったが,平安(へいあん時代末期(まっきには大半が近衛(このえ家の島津荘(しまづのしょうとなる。鎌倉(かまくら時代に北条氏(ほうじょうし千葉氏(ちばし守護(しゅごとなったこともあるが,大半は島津氏(しまづし守護(しゅごとして勢力(せいりょくをはった。以後(いご江戸(えど時代を通じて島津氏(しまづし支配(しはい下にあった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP