メニュー閉じる

*かい【貝】

軟体(なんたい動物のうち,ヒザラガイ(こう多板類(たばんるい)・ニマイガイ(こう(おの足(るい)・ツノガイ(こう掘足類(ほりあしるい)・マキガイ(こう腹足類(ふくそくるい)のなかで,石灰質(せっかいしつ(からをもつなかまの総称(そうしょう。広い意味では,それらのうちでも(からをもたなかったり,退化的(たいかてきなものもふくみ,軟体(なんたい動物全体をさすこともある。またイカ(こう(頭足(るい)のうち,まいた(からをもつオウムガイ科やフネダコ科のものも,貝と名がついていることがある。

貝の変態

成体(せいたいは左右相称(そうしょうで,水底(すいていで生活するものが多いが,(たまごからかえった幼生(ようせいはトロコフォラとよばれ,球卵(きゅうらん形で水中を遊泳する。これがやがてベリジャー幼生(ようせいとなり,足が発達(はったつしてくると水底(すいていで生活するようになって幼貝(ようかいとなる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP