メニュー閉じる

カーボンナノチューブ

炭素(たんそ(カーボン)原子が6角形に(むすびついたグラファイトシートが,丸まって筒状(つつじょうになった物質(ぶっしつ(つつ直径(ちょっけいは数ナノメートル〜数十ナノメートル(1ナノメートルは10億分(おくぶんの1m)。1991(平成(へいせい3)年,炭素(たんそのフラーレン(かご状物質(じょうぶっしつ)の研究中に日本で発見された。形状(けいじょう多層構造(たそうこうぞうであったり,5角・7角・8角形部分ももつ)により,導体(どうたい半導体(はんどうたいにもなったり,電荷をあたえると5角形部分から電子を放出するなど,ユニークな性質(せいしつをもち,半導体(はんどうたいとしての電子機器(ききへの応用(おうよう燃料(ねんりょう電池や光学器械(きかいへの利用(りようが期待されている。また,アルミニウムの半分の重さで鋼鉄(こうてつの20倍の強度をもつため複合材料(ふくごうざいりょうへの応用(おうよう有望視(ゆうぼうしされている。人工的(じんこうてきに作る実用段階(だんかいはこえ,現在(げんざいではいかに安く量産(りょうさんできるかの応用段階(おうようだんかいに入っている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP