メニュー閉じる

*ぎょぎょう【漁業】

利益(りえき(目的(もくてきで,魚・貝・海藻(かいそうなどの水産生物をとったり,育てたりする産業(さんぎょう

漁業(ぎょぎょう分類(ぶんるい

日本人のタンパク食糧(しょくりょうの半分近くを供給(きょうきゅうする重要産業(じゅうようさんぎょうである。漁場(ぎょじょうによって,沿岸漁業(えんがんぎょぎょう沖合(おきあ漁業(ぎょぎょう・遠洋漁業(ぎょぎょう河川漁業(かせんぎょぎょうなどに分けられる。ほかに,漁法(ぎょほう漁具(ぎょぐによって多くの種類(しゅるい分類(ぶんるいされる。

漁業(ぎょぎょうのようす

第二次世界大戦(たいせん後,日本の漁業(ぎょぎょう漁船(ぎょせんの近代化・大型(おおがた化を進め,漁場(ぎょじょうを世界の海域(かいいきに広げてきた。しかし,近年は漁業水域(ぎょぎょうすいいき(または経済水域(けいざいすいいき)200海里を宣言(せんげんする国がふえて遠洋漁場(ぎょじょうからしめ出されており,1973(昭和48)年の石油ショックの影響(えいきょうもあって,遠洋漁業(ぎょぎょうによる漁獲量(ぎょかくりょうはいちじるしく減少(げんしょうした。一方,沖合(おきあ漁業(ぎょぎょう漁獲技術(ぎょかくぎじゅつの向上などにより漁場(ぎょじょうを広げ,漁獲量(ぎょかくりょうがふえたが,近年はへってきている。沿岸漁業(えんがんぎょぎょうは,栽培漁業(さいばいぎょぎょう育成(いくせいに力が注がれている。遠洋漁業(ぎょぎょう漁獲量(ぎょかくりょう減少(げんしょうはあるものの,日本の漁獲量(ぎょかくりょうは世界のトップクラスの地位(ちいをしめている。しかし,日本は金額(きんがくでも数量(すうりょうでも,世界一の水産(すいさん物の輸入(ゆにゅう国である。

コーチ

 これからの日本の漁業(ぎょぎょう課題(かだいは,とる漁業(ぎょぎょうから育てる漁業(ぎょぎょうへかえていくことである。そのため,海の環境(かんきょうをととのえたり,ロボットなどの海中施設(しせつをつくる必要(ひつようがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP