メニュー閉じる

きょくていおん【極低温】

ひじょうに(ひくい温度の意味。実験的(じっけんてきには,液体(えきたいヘリウムを利用(りようして(られる温度をいう。ふつう,絶対(ぜったい温度で(やく4〜0.01K(ケルビン)をいう。0.01K以下(いかの温度は超低温(ちょうていおんとよばれる。

コーチ

極低温(きょくていおんでは,物質(ぶっしつをつくっている原子や分子の(ねつ運動がほとんどなくなり,通常(つうじょうの温度では見られないような,超伝導(ちょうでんどうなどの現象(げんしょうがあらわれてくる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP