メニュー閉じる

きょせききねんぶつ【巨石記念物】

巨大(きょだい石材(せきざいを用いてつくられた,先史(せんし時代の遺物(いぶつ。1本の石を地上に立てたメンヒル,メンヒルが列をなしてならぶアリニュマン,石を環状(かんじょうにならべたストーンサークル,(かべのように立てた石で天井(てんじょう石をささえているドルメンの4種類(しゅるいがある。◇日本では秋田(あきた県の大湯環状(おおゆかんじょう列石が名高い。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP