メニュー閉じる

*きょぞう【虚像】

(かがみ反射(はんしゃした光線やレンズを通過(つうかした光線が広がっていくとき,それらの光線を(ぎゃく向きに延長(えんちょうしたところにできる(ぞう虚像(きょぞうという。虚像(きょぞう位置(いちには実際(じっさいに光が集まっていないので,スクリーンをおいても(ぞうはうつらない。虚像(きょぞうは,物体を凸面鏡(とつめんきょうの前や(とつレンズの焦点(しょうてんの内(がわなどにおくとできる。

コーチ

虫めがねでつくる(ぞうは,物体より大きい正立の虚像(きょぞう

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP