メニュー閉じる

きょっかん【極冠】

火星を望遠鏡(ぼうえんきょうで見たとき,その北極(ほっきょく南極(なんきょく地方に見える白い部分。冬になると大きくなり,夏になると小さくなる。水や二酸化炭素(にさんかたんその氷と考えられている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP