メニュー閉じる

ぎょどう【魚道】

魚の通行の障害(しょうがいとなるダム,(せき床止(とこどめ(川底(かわぞこの安定のために川を横断(おうだんしてつくられる構造(こうぞう物)などのそばに人工(てきにつくられた,魚専用(せんようの通路。サケ,マス,アユ,ウナギなど,川を上り下りする習性(しゅうせいをもつ魚の通行を助けるためにつくられるが,近年は生態系(せいたいけい保護(ほご観点(かんてんから,小魚,エビ,カニのための魚道もつくられている。斜面(しゃめん階段状(かいだんじょうにしたプール式魚道や,ゆるい傾斜(けいしゃの水路を連続(れんぞくさせた水路式魚道など,さまざまな種類(しゅるいの魚道がある。◇水産(すいさん分野では,魚の通り道そのものをさすこともある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP