メニュー閉じる

*きりあげ【切り上げ】

ある数の概数(がいすうをつくる1つの方法(ほうほう必要(ひつよう(くらいまでの概数(がいすうにするとき,その(くらい未満(みまんの数が0でなければ,その(くらいの数を1だけふやし,それ以下(いかを0にする。◇切り上げでえられた数は,実際(じっさいの数より大きく見積(みつもられた数となる。

用例

5003を切り上げで千の(くらいまでの概数(がいすうにすると6000になる。(千円(さつで5003円の買いものをするには,6000円出す。)

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP