メニュー閉じる

*きりすて【切り捨て】

ある数の概数(がいすうをつくる1つの方法(ほうほう必要(ひつよう(くらいまでの概数(がいすうにするとき,その(くらい未満(みまんの数をすてて0とする。◇切り(てでえられた数は実際(じっさいより小さく見(もられた数になる。

用例

3920を切り(てで千の(くらいまでの概数(がいすうにすると3000になる。(3920(の物を1000(ずつ箱につめると3箱できる。)

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP