メニュー閉じる

きりづまづくり【切妻造り】

(むね両脇(りょうわき斜面(しゃめん(きおろした形の屋根。両下造(りょうげづくりともいう。その端正(たんせい姿(すがた尊重(そんちょうされて,伊勢(いせ神宮をはじめ,日本古来の神社建築(けんちくはすべて切妻造(きりづまづくりとなっており,寄棟造(よせむねづくりを「東屋(あずまや」とよぶのに対して「真屋(まや」とよんだ。⇒寄棟造(よせむねづく

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP