メニュー閉じる

きりとおし【切り通し】

山・(おかなどを切り開いてつくった道路。武家政権(ぶけせいけんがおかれたころの鎌倉(かまくら神奈川(かながわ県)は,三方を丘陵(きゅうりょうにかこまれた要害(ようがいの地で,名越(なごし朝比奈(あさひな巨福呂(こぶくろ坂・亀ヶ谷(かめがやつ坂・化粧(けわい坂・大仏(だいぶつ坂・極楽寺(ごくらくじ坂の7つの切り通しが開かれた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP