メニュー閉じる

*きんかく【金閣】

室町幕府(むろまちばくふの第3代将軍(しょうぐん足利義満(あしかがよしみつが,京都北山(きょうときたやま別荘(べっそうの一部に舎利殿(しゃりでんとして造営(ぞうえいした3(そう豪華(ごうか建物(たてもの。1397年に完成(かんせい(かべや柱を金箔(きんぱくでかざったので金閣(きんかくとよばれる。伝統的(でんとうてき寝殿造(しんでんづくり禅寺(ぜんでら風の建築(けんちく様式をとりいれ,北山(きたやま文化を代表している。義満(よしみつの死後,別荘(べっそう臨済宗(りんざいしゅう鹿苑寺(ろくおんじとなった。

コーチ

1950(昭和25)年に焼失(しょうしつ現在(げんざい建物(たてものは1955年に再建(さいけんされたもの。

交通

JR京都(きょうと駅からバス35分,金閣寺(きんかくじ前で下車,徒歩(とほ5分。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP