メニュー閉じる

ぎんがてつどうのよる【銀河鉄道の夜】

宮沢賢治(みやざわけんじ長編(ちょうへん童話。1927(昭和2)年ごろの作と思われるが,死後発見された。銀河(ぎんが鉄道の夜の旅のさまざまな体験(たいけんを通して,きずつきやすい(たましいをもったジョバンニ少年が,(あいする者とのわかれや死の苦しみをのりこえて,本当の幸福をもとめようとするすがたをえがいた幻想的(げんそうてきな物語。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP