メニュー閉じる

きんかんしょく【金環食】

日食のうち,月が太陽をすっかりかくさず,黒い月のまわりに太陽が金色の(のように見えるもの。地球が近日(きんじつ点の近くにあり,月が遠地点の近くにあるとき,太陽の見かけの大きさが月にくらべて大きくなるので,金環食(きんかんしょくとなる。⇒日食(にっしょく

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP