メニュー閉じる

きんし【近視】

平行光線が網膜(もうまくよりも前方で(ぞうをむすんでしまう異常視(いじょうし眼軸(がんじくが長いことによっておこる軸性近視(じくせいきんし屈折(くっせつ力が大きすぎることによる屈折性近視(くっせつせいきんし過度(かどの読書などによる仮性近視(かせいきんしの3種類(しゅるいがある。(おうレンズのめがねで補正(ほせいする。近眼(きんがんともいう。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP