けいかいすいじゅん 【警戒水準 】

世界保健機関(せかいほけんきかんWHO(ダブリュエイチオー)が,インフルエンザや口蹄疫(こうていえきといった世界(てきに広がる可能性(かのうせいのある感染症(かんせんしょうについて,注意を(びかけるために認定(にんていする警戒(けいかいレベル。フェーズ(様相(ようそう局面(きょくめん)というランクで(しめされる。警戒(けいかいレベルは6段階(だんかい(しめされ,フェーズ1=ヒト感染(かんせんリスクの(ひくいウイルスを動物から検出(けんしゅつ,フェーズ2=ヒト感染(かんせんリスクの高いウイルスを動物から検出(けんしゅつ,フェーズ3=動物からヒトへの感染(かんせん,ヒトからヒトへの感染(かんせん限定的(げんていてき,フェーズ4=ヒトからヒトへの感染(かんせん増加(ぞうか(1国内での感染(かんせん),フェーズ5=ヒトからヒトへの相当数の感染(かんせん複数(ふくすうの国での感染(かんせん),フェーズ6=世界的大流行(てきだいりゅうこう(パンデミック),となっている。WHO(ダブリュエイチオー必要(ひつよう(おうじて加盟国(かめいこくに出入国制限(せいげん勧告(かんこくを行うが,強制力(きょうせいりょくはなく,各国(かっこく独自(どくじ対応(たいおうを行う。

PAGETOP