こいずみじゅんいちろう【小泉純一郎】

(1942〜 )平成(へいせい時代の政治(せいじ家,総理大臣(そうりだいじん在任(ざいにん2001〜2006)。神奈川(かながわ県生まれ。祖父(そふ,父も政治(せいじ家。慶応義塾(けいおうぎじゅく大学卒業(そつぎょう後,父の急死をうけて1972(昭和47)年,衆議院(しゅうぎいん議員(ぎいん当選(とうせん自由民主党(じゆうみんしゅとう中堅議員(ちゅうけんぎいんとして,山崎拓(やまさきたく加藤紘一(かとうこういちらと「YKKトリオ」とよばれる。厚生大臣(こうせいだいじん郵政大臣(ゆうせいだいじん歴任(れきにん。2001(平成(へいせい13)年,総理大臣(そうりだいじん就任(しゅうにん構造改革(こうぞうかいかく(はたじるしに,道路関係4公団(こうだん住宅金融公庫(じゅうたくきんゆうこうこなどの特殊法人(とくしゅほうじん郵政(ゆうせい3事業の民営(みんえい化,さらに地方分権(ぶんけん改革(かいかく推進(すいしん。また,自衛隊(じえいたいのイラク派兵(はへい実施(じっし北朝鮮拉致被害(きたちょうせんらちひがい者の帰国を実現(じつげんした。マスコミ報道(ほうどうを利用した「劇場型政治(げきじょうがたせいじ」とよばれるはでな活動で都市部を中心に高い支持(しじをうけ,在任(ざいにん5年5か月という戦後(せんご第3位の長期政権(せいけん維持(いじした。

PAGETOP