こいそりょうへい【小磯良平】

(1903〜1988)洋画家。神戸(こうべ市中央区生まれ。東京美術(とうきょうびじゅつ学校西洋画科卒業(そつぎょう後,ヨーロッパに(わたる。帰国後,新制作派協会(しんせいさくはきょうかい現新制作協会(げんしんせいさくきょうかい)を設立(せつりつし,活躍(かつやくする。卓抜(たくばつした描写(びょうしゃ力と西洋的(せいようてき感性(かんせいを生かした肖像(しょうぞう画,女性像(じょせいぞう独自(どくじの世界を確立(かくりつした。

コーチ

作品のおもな所蔵(しょぞう先は,兵庫(ひょうご県立美術(びじゅつ館。

PAGETOP