*こうあんのえき【弘安の役】

鎌倉(かまくら時代の1281(弘安(こうあん4)年,元軍(げんぐんが2度めに日本をおそった事件(じけん文永(ぶんえい(えき(1274年)のあと,(げんは14万の大軍(たいぐんを二手に分けて対馬(つしま壱岐(いき博多湾(はかたわん(めよせた。しかし,日本(ぐん石塁(せきるいをきずいて防戦(ぼうせんしたため上陸(じょうりくできないでいるうちに,暴風(ぼうふうがふきあれ,元軍(げんぐん軍船(ぐんせんの大部分をうしなって敗退(はいたいした。

コーチ

文永(ぶんえい(えきとあわせて「元寇(げんこう」という。

年代暗記

弘安(こうあん(えき(げんとの(たたか不敗(ふはい(1281)の日本 ⇒元寇(げんこう

PAGETOP