こうウマイヤちょう【後ウマイヤ朝】

ウマイヤ朝の滅亡(めつぼう後,その一族がスペインに(ってたてた王朝(756〜1031)。首都コルドバは,西方イスラム世界の中心としてさかえ,その大学にはキリスト教国からも多数の学生が集まった。11世紀(せいき分裂(ぶんれつしておとろえた。

PAGETOP