こうくうゆうびん【航空郵便】

航空機(こうくうき郵便(ゆうびん物を運ぶ制度(せいど。エアメールともいう。日本では1929(昭和4)年に国内の航空郵便(こうくうゆうびんが始まったが,1953(昭和28)年に速達(そくたつ郵便(ゆうびんにまとめられたため,現在(げんざいでは外国航空郵便(こうくうゆうびんだけがのこっている。外国航空郵便(こうくうゆうびんは,万国郵便連合(ゆうびんれんごうでのとりきめにしたがって,1927(昭和2)年から行われ,第二次世界大戦(たいせん後には小包(こづつみ・はがき・封書(ふうしょもあつかっている。

コーチ

航空郵便(こうくうゆうびんはがきは70円で,航空書簡(こうくうしょかんは90円で,世界中どこへでもだすことができる。書状(しょじょうは25gまでの場合,地域(ちいきによって90円,110円,130円。

PAGETOP