メニュー閉じる

こうれいしゃかい【高齢社会】

高齢(こうれい者人口(65歳以上(さいいじょう)の比重(ひじゅうが大きくなった社会のこと。国連(こくれんでは,高齢(こうれい者の人口が7%以上(いじょうの社会を高齢(こうれい化社会,14%以上(いじょうになると高齢(こうれい社会とよんでいる。日本の人口構成(こうせいは,急速(きゅうそく高齢(こうれい化しており,1994(平成(へいせい6)年に高齢(こうれい者人口が14%を(えて高齢(こうれい社会となった。その後も高齢化率(こうれいかりつ上昇(じょうしょうを続け,25.1%に(たっしている(2013年10月現在(げんざい)。2025年には全人口の30%以上(いじょう,2060年には(やく40%が高齢(こうれい者人口でしめられると推定(すいていされている。高齢(こうれい社会の到来(とうらいによって,社会保障(ほしょう雇用(こようなど,いろいろな面で深刻(しんこく影響(えいきょうがでると予想されている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP