メニュー閉じる

こみやまりょうへい【小宮山量平】

(1916〜2012)昭和〜平成(へいせい時代の出版人(しゅっぱんにん編集者(へんしゅうしゃ長野(ながの県生まれ。酒造業(しゅぞうぎょう(いとなんでいた両親の死亡(しぼう破産(はさん,一家離散(りさんという境遇(きょうぐうのなか,小学5年生で上京。小学校卒業(しょうがっこうそつぎょう後,銀行の給仕(きゅうじなどをしながら夜間中学校で学び,1939(昭和14)年,東京(とうきょう商科大学(一橋(ひとつばし大学)を卒業(そつぎょう。40年入営(にゅうえい。アッツ(とうなどアリューシャン列島(れっとう戦線(せんせん従軍(じゅうぐんする。第二次世界大戦(せかいたいせん終結後(しゅうけつご,47年,出版(しゅっぱん社・理論(りろん社を設立(せつりつし,雑誌(ざっし理論(りろん」の発行など社会科学の分野を中心に出版(しゅっぱん活動を開始した。「創意(そうい冒険(ぼうけん」を理念(りねんに,1960年代から児童(じどう文学の分野も開拓(かいたく今江祥智(いまえよしとも灰谷健次郎(はいたにけんじろうらの児童(じどう文学者を世に送りだした功績(こうせきは大きい。90年代以降(いこうは社長(しょくをゆずり,故郷(こきょう・長野にもどって執筆(しっぴつ活動などを(つづけた。著書(ちょしょ自伝的小説(じでんてきしょうせつ千曲川(ちくまがわ』4部作(1998〜2002年)がある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP