メニュー閉じる

コンデンサー

(1)導体(どうたいをむかいあわせ,電気をたくわえる(はたらきをさせるためにつくられた素子(そし蓄電器(ちくでんき・キャパシターともよぶ。静電容量(せいでんようりょう(たくわえられる電気)をかえられる可変(かへんコンデンサーと,かえられない固定(こていコンデンサーがある。また,むかいあわせる導体(どうたいの間の絶縁(ぜつえん物の種類(しゅるいにより,空気コンデンサー・油コンデンサー・紙コンデンサー・雲母(うんもコンデンサー・セラミックコンデンサー・電解(でんかいコンデンサーなどがある。

(2)冷蔵(れいぞう庫などの凝結器(ぎょうけつき

(3)光学器機(ききの集光(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP