メニュー閉じる

さいおんじきんもち【西園寺公望】

(1849〜1940)明治(めいじ〜昭和時代前期の政治(せいじ家。公卿(くぎょうの出で,京都(きょうと生まれ。フランスに留学(りゅうがく後,中江兆民(なかえちょうみんらと『東洋自由新聞』を発刊(はっかんして社長(けん主筆となったが,明治天皇(めいじてんのう勅命(ちょくめいにより廃刊(はいかんした。以後(いご各国(かっこく公使,第2次・第3次伊藤博文(いとうひろぶみ内閣(ないかくの文部大臣(だいじんなどをへて政友(せいゆう総裁(そうさいとなり,1906(明治(めいじ39)年と1911年の2度内閣(ないかく組織(そしき。パリ講和会議(こうわかいぎ(1919年)では首席全権(しゅせきぜんけんをつとめた。◇その後,元老(げんろうとして重きをなし,14代にわたる首相をきめたといわれる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP