メニュー閉じる

さいがいきゅうじょほう【災害救助法】

一定の程度以上(ていどいじょう災害(さいがいが発生したとき,国が被災(ひさい者のためにしなければならない救助措置(きゅうじょそちを定めた法律(ほうりつ1947(昭和22)年に制定(せいてい救助(きゅうじょは,国が地方公共団体(こうきょうだんたい・日本赤十字社などの団体(だんたい国民(こくみん協力(きょうりょくのもとに行うが,直接(ちょくせつ責任(せきにん者は都道(県知事。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP