メニュー閉じる

サーミスタ

正の温度係数をもつ金属(きんぞくとは(ことなり,電気抵抗(ていこうが負の温度係数をもつ素子(そしのこと。ニッケル・マンガン・コバルト・鉄などの酸化(さんか物を数種混合(すうしゅこんごう(きかためたものである。サーミスタをつけた回路では電流が大きくなると,電流によって発熱(はつねつして温度が上がるので,サーミスタの抵抗(ていこうがへり,端子(たんし間の電圧(でんあつが下がるようになる。

コーチ

 各種(かくしゅの電子回路の温度変化(へんかに対する補償(ほしょう用,電子式温度計・火災(かさい感知(などに使用されている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP