メニュー閉じる

シアヌーク(ノロドム=)

(1922〜2012)カンボジアの前国王。フランス統治下のプノンペンで生まれる。1941年に即位(そくい,53年にカンボジアの独立(どくりつ達成(たっせいされると父に王位(おうい(ゆずり,みずからは人民(じんみん社会主義共同体(しゅぎきょうどうたい総裁(そうさいとなり首相に就任(しゅうにん,東西冷戦(れいせん国際情勢(こくさいじょうせいのなか非同盟(ひどうめい中立路線を堅持(けんじした。1970年,外遊中にロン・ノル将軍(しょうぐんのクーデターが起こり亡命(ぼうめい左派勢力(さはせいりょくポル・ポト(民族統一戦線(みんぞくとういつせんせん結成(けっせいし,75年に政権(せいけん奪取(だっしゅするが,ポル・ポト(幽閉(ゆうへいされる。78年,ベトナムに支援(しえんを受けたヘン・サムリン政権(せいけん誕生(たんじょうすると反ベトナム3派勢力(ぱせいりょくの中心としてベトナムからの解放(かいほう(もとめつづけた。長い内戦(ないせんののち1991年,紛争(ふんそう4(による最高国民評議会(さいこうこくみんひょうぎかい議長(ぎちょう就任(しゅうにん,92年,国連(こくれんカンボジア暫定統治機構(ざんていとうちきこう協力(きょうりょくのもと総選挙(そうせんきょ実施(じっし内戦(ないせん終結(しゅうけつさせ平和国家を実現(じつげんした。93年,立憲(りっけん君主(せいの新憲法(けんぽうのもと,38年ぶりに王位(おうい復帰(ふっき。2004年,高齢(こうれいを理由に王位(おういを息子シハモニに(ゆずった。激動(げきどうしたカンボジア情勢(じょうせいのなか,失脚(しっきゃく復権(ふっけんをくりかえしながらつねに政治(せいじ運動の中心として活動し,国民(こくみんから「国の父」としたわれた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP