メニュー閉じる

シェールガス

地中の,けつ岩(シェール)(そうから採取(さいしゅされる天然(てんねんガス。従来(じゅうらい天然(てんねんガスが採取(さいしゅされるガス田地帯(ちたいにくらべ世界の広い地域(ちいき埋蔵(まいぞうされ,埋蔵量(まいぞうりょうもかくだんに多いため,今後の重要(じゅうようなエネルギー資源(しげんとして注目されている。シェールガスは泥岩(でいがんであるけつ岩にふくまれているため,砂岩(さがんにふくまれている従来(じゅうらい天然(てんねんガスより採取(さいしゅがむずかしかった。しかし最近(さいきんになり,水圧(すいあつによるけつ岩(そう破砕技術(はさいぎじゅつ,けつ岩(そう横穴(よこあな(る水平坑井(こうせい技術(ぎじゅつが開発され,飛躍的(ひやくてき採取量(さいしゅりょう拡大(かくだいし,たとえば北アメリカ大陸(たいりくでは2020年には供給天然(きょうきゅうてんねんガスの半分がシェールガスになるという予想もでている。ただし,採取(さいしゅ大量(たいりょうの水を用いるため排水(はいすいによる地下水や水源(すいげん水質汚染(すいしつおせん指摘(してきされているほか,メタンガスが90%をしめるシェールガスによる強力な温室効果(こうかによる地球温暖化(おんだんかを心配する声もあがっている。けつ岩

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP