メニュー閉じる

しがらきやき【信楽焼】

滋賀(しが甲賀(こうか信楽(しがらき町を中心に(さんする陶器(とうき室町(むろまち時代,茶の湯の発達(はったつとともに茶器(ちゃきとして知られた。(しつ(すなをふくんであらく,(うすかき色またはねずみ色。茶つぼ・茶器(ちゃき・とっくり・大鉢(おおばちなどがつくられる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP