メニュー閉じる

しきかくしょうがい【色覚障害】

色の識別能力(しきべつのうりょく不足(ふそくまたは欠失(けっしつした色覚(しきかく状態(じょうたい。全色覚障害(しきかくしょうがい・部分色覚障害(しきかくしょうがいがある。全色覚障害(しきかくしょうがいは色の感覚(かんかくがなく,白と黒と(はい色にしか見えない。部分色覚障害(しきかくしょうがいの多くは赤緑色覚障害(しきかくしょうがいである。これは伴性遺伝(はんせいいでん典型的(てんけいてき(れいで,男子に多く,女子には少ない。部分色覚障害(しきかくしょうがいにはさまざまなタイプがあり,現在(げんざい障害(しょうがいではなく,特性(とくせいととらえる考え方もある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP