メニュー閉じる

じききあつけい【自記気圧計】

気圧(きあつ自動的(じどうてき記録(きろくする器械(きかい代表的(だいひょうてきなものにアネロイド自記気圧(きあつ計がある。内部を真空にしたかん(空ごう)の動きをてこによって拡大(かくだいしてペンの動きにかえ,気圧(きあつ変化(へんかを時計じかけの回転円筒(えんとうにまいた自記紙に記録(きろくするものである。水銀気圧(きあつ計と比較(ひかくして,ときどき補正(ほせいして使用する。

コーチ

気象官署(きしょうかんしょ気象観測(きしょうかんそくでは,円筒(えんとう振動数(しんどうすう気圧(きあつによって変化(へんかすることを応用(おうようした円筒振動式気圧(えんとうしんどうしききあつ計が使われている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP