メニュー閉じる

しきていさんば【式亭三馬】

(1776〜1822)江戸(えど時代後期の戯作者(げさくしゃ江戸(えど(今の東京(とうきょう)に生まれる。古本屋・薬屋などをしながら黄表紙(きびょうし通俗的(つうぞくてきな絵入りの読み物)や洒落本(しゃれぼん(遊里の風俗(ふうぞくをえがいた小説(しょうせつ)を書いた。代表作に,『浮世風呂(うきよぶろ』『浮世床(うきよどこ』があり,十返舎一九(じっぺんしゃいっくとならぶ滑稽本(こっけいぼんの作者といわれた。

コーチ

浮世風呂(うきよぶろ』は風呂屋(ふろや(今の銭湯(せんとう)に集まる客の世間話を,『浮世床(うきよどこ』は床屋(とこや(今の理髪(りはつ店)の客の会話を中心にして,当時の庶民(しょみん生活を生き生きとえがいている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP