メニュー閉じる

しきのあたい【式の値】

文字をふくむ式で,文字を数値(すうちにおきかえることを代入するといい,代入して計算した結果(けっかを,その式の(あたいという。

用例

台形の面積(めんせきを表す式 (a +bh で,a = 2, b = 3, h = 4のとき,これらの数値(すうちを代入すると,×(2+3)×4 = 10となる。この10が,式の(あたいである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP