メニュー閉じる

じきふうこうけい【自記風向計】

風向を自動的(じどうてき記録(きろくする器械(きかい(もっと簡単(かんたんなものは,風向をしめす矢ばねの(じく円筒(えんとうをとりつけ,その上にまいた自記紙に,風向の変化(へんか(おうじて動くペン先で記録(きろくさせる形式である。近年は風車(がた自記風向風速計が用いられている。自記紙上で10分間の風向記録(きろくの中心位置(いちを見つけて読みとり,16方位(ほういのどれにあたるかで風向を(しめす。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP