メニュー閉じる

しきほう【指揮法】

多人数で合唱(がっしょう合奏(がっそうをする場合に,指揮(しき者(コンダクター)が細い(ぼうや手をふって,大ぜいの演奏(えんそう者に楽曲の拍子(ひょうし特徴(とくちょうを知らせる方法(ほうほう。速度をととのえたり,音のミスを訂正(ていせいしたり,(かくパートや楽器(がっきのバランスをとったり,フレーズを教えたり,楽曲の表情(ひょうじょう(しめしたりする必要(ひつようから生まれた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP