メニュー閉じる

しきゅうないまく【子宮内膜】

子宮の内面をおおう粘膜(ねんまくのこと。子宮の底部(ていぶではうすく,前後壁(ぜんごへきでは(あついが,月経(げっけい周期(しゅうきにともなって変化(へんかし,排卵(はいらんのころは充血(じゅうけつして(あつくなる。これは,受精卵(じゅせいらん着床(ちゃくしょう・発育にそなえるためである。排卵(はいらん受精(じゅせいがおこらない場合,(あつくなった内膜(ないまく不要(ふようとなるので,その一部がくずれて,血液(けつえきとともに体外に排出(はいしゅつされる。これが月経(げっけいである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP