メニュー閉じる

しげんナショナリズム【資源ナショナリズム】

資源保有(しげんほゆう国がこれまでの先進国に支配(しはいされてきた資源(しげんを自らの手にうばい返し,それを武器(ぶきとして自国の利益(りえきをはかろうとするもの。発展途上(はってんとじょう国の資源(しげんは先進国に支配(しはいされることが多く,資源(しげんをもちながら経済発展(けいざいはってんをはばまれてきた。これに対する反発が1973年ごろから高まり,アラブ産油(さんゆ国による外資系(がいしけい石油会社の国有化や資本参加(しほんさんかなどの形であらわれてきた。この動きは,天然(てんねんゴム・コーヒーなどの農産(のうさん物の産出(さんしゅつ国にもおよんだ。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP