メニュー閉じる

しこくかんたいしものせきほうげきじけん【四国艦隊下関砲撃事件】

幕末(ばくまつ,1864年8月,イギリス・フランス・オランダ・アメリカ合衆国(がっしゅうこく4国の連合艦隊(れんごうかんたい攘夷派(じょういは拠点(きょてんであった長州藩(ちょうしゅうはん山口(やまぐち県)制圧(せいあつのため,下関(しものせき砲撃(ほうげき占領(せんりょうした事件(じけん馬関戦争(ばかんせんそう下関砲撃事件(しものせきほうげきじけん下関戦争(しものせきせんそうともいう。前年,長州藩(ちょうしゅうはん下関(しものせきで外国船を砲撃(ほうげきした事件(じけん報復(ほうふくとして行われたもので,幕府(ばくふの第1回長州出兵(ちょうしゅうしゅっぺいと重なった。

コーチ

この敗戦(はいせんによって長州藩(ちょうしゅうはん軍備(ぐんびの西洋化を進め,攘夷(じょうい方針(ほうしんをすてて倒幕(とうばくの道をとることになる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP