メニュー閉じる

じごくへん【地獄変】

芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ短編小説(たんぺんしょうせつ。1918(大正7)年発表。天才絵師良秀(えしよしひでは,地獄変(じごくへんのびょうぶをえがくために,火にかけられた最愛(さいあい(むすめを見ごろしにしてしまう。おそろしいびょうぶ絵が完成(かんせいした次の夜に,良秀(よしひでも自ら命をたつ。

コーチ

芸術(げいじゅつのためには最愛(さいあい(むすめの命をも犠牲(ぎせいにした芸術(げいじゅつ家の悲劇(ひげきをえがいた傑作(けっさく

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP