メニュー閉じる

しじご【指示語】

文章中で一度のべたことがらを,そのままくりかえさないで,「これ」「それ」「あれ」「どれ」などとさししめす言葉。「こそあど言葉」のこと。「指示(しじする語句(ごく」ともいう。人・物・場所・方向などをさししめす場合に使われ,話し手との位置(いちにより近称(きんしょう(こ)・中称(ちゅうしょう(そ)・遠称(えんしょう(あ)・不定称(ふていしょう(ど)の4種類(しゅるいに分けられる。◇指示(しじ語には代名詞(だいめいし連体詞(れんたいし副詞(ふくし形容動詞(けいようどうしなどがふくまれる。

用例

あれはぼくのものだ」(代名詞(だいめいし),「この本はだれの?」(連体詞(れんたいし),「先日の話はどうなりましたか」(副詞(ふくし)など。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP