メニュー閉じる

じしゅりゅうつうまいせいど【自主流通米制度】

米の生産(せいさん者が,政府(せいふの手を通さず,政府(せいふ指定の業者を通じて直接消費(ちょくせつしょうひ者へ販売(はんばいする米流通制度(せいど。1969(昭和44)年産(ねんさん米から始まった。自主流通米の生産(せいさん価格(かかく消費(しょうひ価格(かかくは自由にきめられる。1995(平成(へいせい7)年11月から「主要食糧(しゅようしょくりょう需給及(じゅきゅうおよ価格(かかくの安定に(かんする法律(ほうりつ」が施行(しこうされ,米流通の規制緩和(きせいかんわがはかられた。1996年産(ねんさん米からは,自主流通米と政府(せいふ買い上げ米(主として備蓄(びちく用)は計画流通米となり,自由米は計画外流通米としてみとめられた。2004年に食糧法(しょくりょうほう改正(かいせいされ,政府(せいふ以外(いがいはすべて民間(みんかん流通米となった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP