メニュー閉じる

しじゅんかせき【示準化石】

特定(とくてい地質(ちしつ時代を表す化石。標準(ひょうじゅん化石ともいう。化石を産出(さんしゅつする地層(ちそうがどの地質(ちしつ時代にできたかをきめたり,はなれた地域(ちいき地層(ちそう新旧関係(しんきゅうかんけいをくらべるのに役だつ。示準(しじゅん化石になるものは,特徴的(とくちょうてきな形をもつこと,その(しゅ生存(せいぞん期間が短く,進化の速度が速いこと,ある時期にかぎって広く分布(ぶんぷし,個体(こたい数が多いことなどの条件(じょうけんがある。

コーチ

代表的(だいひょうてき示準(しじゅん化石には,古生代の三葉虫・フズリナ・フデイシ(筆石),中生代のアンモナイト・は虫(るい,新生代の哺乳類(ほにゅうるい(ウマやゾウ)・有孔(ゆうこう虫・貝(るいなどがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP