メニュー閉じる

じしんよち【地震予知】

いつ,どこで,どのくらいの大きさの地震(じしんが発生するかを事前に知ること。時期・場所・大きさの3つの要素(ようそ必要(ひつようで,漠然(ばくぜんと「明日地震(じしんがおこる」というのは予知ではない。日本では小さな地震(じしんまで数えると毎日おこっており,関東大地震(かんとうだいじしんのような大きな地震(じしんは何十年もおこらないからである。

コーチ

地震(じしんの発生を事前に知ることができれば,避難(ひなんするなど,被害(ひがいを少なくすることができる。

地震(じしん予知の方法(ほうほう

全国的(ぜんこくてき測量(そくりょう地震(じしん活動の調査(ちょうさから,大きな地震(じしんのおこりそうな場所と大きさをみつける(長期的(ちょうきてき予知)。次に,異常(いじょうがみつかれば短期的前兆現象(たんきてきぜんちょうげんしょうをとらえて,時期を知る(短期的(たんきてき予知)。前兆(ぜんちょうと考えられる異常現象(いじょうげんしょうには,前震(ぜんしん活動,地震(じしん空白(いき出現(しゅつげん地盤(じばん異常(いじょう隆起(りゅうき沈降(ちんこう地磁気(ちじき・地電流・重力の異常(いじょう,地下水の異常(いじょう,動物の異常(いじょう行動などがある。

〔日本の地震(じしん予知〕

1965(昭和40)年から,国の関係機関(かんけいきかんや大学がそれぞれの観測(かんそく・研究を分担(ぶんたんして,地震(じしん予知の仕事が始まった。日の出・日の入りや(しお干満(かんまん予測(よそく,天気予報(よほうとちがい,地震(じしんのおこるしくみがまだよくわからないため,予知はひじょうに困難(こんなんで,現在(げんざいも研究が進められている。マグニチュード8程度(ていど巨大地震(きょだいじしんについては,発生のしくみがある程度(ていどわかってきたので,唯一(ゆいいつ,東海地震(じしん予知へ向けた(こころみが実用的(じつようてきに行われている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP