メニュー閉じる

しぞく【士族】

明治維新(めいじいしん後,(きゅう武士(ぶし階級にあたえられた身分のよび名。1872(明治(めいじ5)年,明治政府(めいじせいふ全国民(ぜんこくみん華族(かぞく士族(しぞく平民(へいみんに分けた。当時,士族(しぞくは189万人あまりであり,一部は政界(せいかい財界(ざいかい軍部(ぐんぶ指導(しどう者となったが,大部分は没落(ぼつらくし,その一部は士族(しぞく反乱(はんらんや自由民権(みんけん運動に参加(さんかした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP